不倫された際の慰謝料の相場とは?

不倫された場合にはどのくらいの慰謝料を請求できるのか?

慰謝料の計算方法

2019-11-02

慰謝料の相場というのは基本的に裁判になった場合の相場であることが多いです。しかし、実際には裁判をしないケースもあります。話し合いをして、お互いが認めたならばそのときに決めた慰謝料が支払われることになります。

たとえば離婚することが決まっていなかったとしても、離婚した場合と同様の高額な慰謝料によって和解するというケースもあるのです。芸能人の離婚では慰謝料がかなり高額となっているケースがあるのですが、あれは特殊なケースです。

芸能人の場合は財産分与が絡んでくるからです。

実際に裁判で慰謝料の金額を争う場合には、たとえ億単位で稼いでいたとしても、それで億単位の支払いが命じられるということはないのです。

慰謝料の金額の決定にはさまざまな状況や事情が考慮されることになります。たとえば年齢が問題になることがあります。年齢差が大きいほど増額しやすいのです。婚姻期間は長くなるほど慰謝料も高額になるでしょう。落ち度についても問題になります。

たとえば性交渉に応じなかったために夫が浮気をしたというケースもあります。この場合は減額されることがあるでしょう。浮気の内容についても検討されます。長年にわたって繰り返されていた方が高額となりやすいでしょう。

『弁護士に相談する』